2009年12月27日

有馬記念(回顧)

ドリームジャーニーやった! 池添男泣きのGP連覇=有馬記念

ドリームジャーニーの末脚炸裂し、見事な春秋GP連覇となった有馬記念。僕の本命ミヤビランベリは3コーナーからの激流に飲み込まれてしまいました…orz
勝ったドリームジャーニーはスタートで出遅れても無理せず追走、3コーナーでレースが動いても他馬に釣られず自分のタイミングで仕掛けたのが勝因ですね。直線の末脚はとにかく素晴らしかったです。

ブエナビスタは先行集団を見る形の正攻法、レースが動いたところで少しゴチャついたところがありましたが堂々の2着。ドリームジャーニーに交された後も半馬身差のまま食らいついていきましたし、来年に向けてレースの幅が広がったと思います。

3着のエアシェイディも立派。少し展開に助けられたところはありますが、来年も走るようですし、カンパニーを超える9歳馬のG1制覇に向けてがんばって欲しいです。

期待したフォゲッタブルは4着。まだこれからの馬ですし、ここまでやれたことは大きいです。6着のセイウンワンダーはちょっとゴチャついた感じ。
先行馬は大敗でしたが、レースの流れを考えたら責められないですし、逆にこれで人気が落ちるようであれば次は美味しいねらい目となるでしょう。

残念だったのは向正面で故障を発症してしまったスリーロールス。この馬もまだこれから楽しみだっただけに悲しいです。

このレースを最後に引退する馬はマツリダゴッホ。明らかに太かったですが、3コーナーからの激流を演出するなど見せ場はたっぷり。いい子供を出して欲しいです。

その他はほとんど現役続行でしょうか。
勢力図としては明け4歳のレベルが高いのでちょっとした世代交代がありそうな予感がします。
posted by B-Tide† at 23:55| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。