2009年12月19日

朝日杯フューチュリティS(展望)

グランプリレース、有馬記念まであと1週間。いよいよ今年の競馬も大詰め、グランプリの資金捻出を朝日杯フューチュリティSでなんとかしたいところ。

中心はバラ一族の悲願達成を目論むローズキングダム。キャリアは浅いですが前走東スポ杯はこの馬の強さが目立ったレースでした。先行して抜け出すかと思えば仕掛けを我慢、外から襲い掛かるトーセンファントムに並ばれたあたりから本領発揮。並みの先行タイプであればキレ味に屈してしまうところですが、これを差し返すキレと底力でねじ伏せた。とても2戦目とは思えないレースを魅せてくれました。その能力を信頼したいと思います。小牧騎手にもペールギュントのリベンジを期待したいし、何より好きだった母ローズバドの仔として勝って欲しいです(むしろ予想というよりはココが落としどころだったりw)。

相手にはローズキングダムに屈したとはいえ能力にヒケをとらないトーセンファントム、スミヨン騎手が騎乗停止で大先生への乗り替わりが大変不安だが大物感あるキングレオポルド、2歳戦は怖いエイシン軍団のエイシンアポロンか。
あくまで有馬記念の実弾補充ということで、面白くないかもしれないけど、堅実な馬券を買っていくことになるでしょう。
posted by B-Tide† at 15:36| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。